はぎしり、くいしばり

顎関節症について

顎関節症について

開口障害、関節雑音・・・

あごが痛い、いつもより口が開きづらい、大きく開けようとすると音がするなどの症状はありませんか?その症状、もしかしたら顎関節症かもしれません。

顎痛い

顎関節症の症状チェック

  • 鏡を見て、顎を大きくゆっくり開けてから閉じる時に顎が左右にずれる
  • 顎を開けたり閉じたりする時にカクッとした音やピキッとした異音がする
  • 口を開ける時または閉じる時に、顎に痛みを感じる
  • 咬むと顎が痛い
  • 口が開かないもしくは開きづらいことがある
  • 両耳の穴に指を入れて顎を開閉すると痛みがある
  • こめかみや頬骨の下を押すと痛みがある
  • 朝起きた時に顎がスムーズに開かない

いくつか当てはまる方は、顎関節症の可能性があります。これらはたくさんある症状の中でも一部で、肩こりや頭痛など全身に症状が出ることもあります。症状は一時的な場合もありますが、放っておくと悪化することもありますので、一度ご相談ください。

顎関節症の原因

顎関節症の原因は様々です。しかし、多くは日常の間違った生活習慣によって引き起こされます。

  • ブラキシズム(「くいしばり」「歯ぎしり」「歯をカチカチならす」などの習慣)
  • 偏咀嚼(片噛み・左右どちらか一方でばかり噛む癖)
  • うつ伏せ寝、頬杖をつく癖、長時間のパソコンの使用、猫背など

思い当たる習慣はありませんか?日常的にされている方は、顎関節症を発症・悪化させてしまうことがありますので注意が必要です。他にも、噛み合わせの異常や事故などで顎を強く打ってしまった場合、また、先天的な問題が原因になることもあります。


「あごが痛いけど、どこを受診したら良いのかわからなくて・・・間違っていたらすみません」と、不安そうにお電話をいただくことが時々あります。

大丈夫ですよ、当院で責任をもって拝見させていただきます。

詳しい症状やきっかけなどをお聞きして、視診、触診を行い、必要があればパノラマエックス線写真を撮影します。

もしほかに気になるところがあれば併せてチェックいたしますので、お気軽にお問い合わせください(^^♪

URL
TBURL
Return Top