応急処置

歯茎が腫れた際に自宅でできる応急処置とは

歯茎が腫れた際に自宅でできる応急処置とは

歯茎が腫れた際に歯科医院に通院するのが一番ですが、夜中などで通えないような場合の自分でできる応急処置についてご紹介いたします。

腫れている部分を冷やす

痛みがあり腫れがキツイ場合は患部を冷却することで痛みや腫れを軽減させることができます。アイスノンや冷えピタなど冷却効果のあるものをあててみてください。
氷嚢みたいな物を作ってあててみてもよいと思いますが冷やしすぎに気を付けてください。

痛みが強い場合は市販の鎮痛薬(痛み止め)を服用する

歯茎が腫れていて痛みがキツイ場合は、ロキソニンSやバファリンなどの鎮痛薬(痛み止め)を飲みましょう。
痛みが強いからといって多く飲んだりせず、定められたとおりの用法・用量を守りましょう。

うがい薬と歯ブラシで口の中をキレイにする

歯茎の腫れの原因は細菌であることが多く、腫れがある場合は口の中を殺菌する必要があります。
イソジンやコンクールなどのうがい薬で口の中を殺菌し、やわらかい歯ブラシで口の中を優しく丁寧に磨きましょう。しかし、必要以上に歯を磨いてしまうと歯茎を傷つけて、かえって状態を悪くする場合があるので気を付けてください。

とりあえず、上記の応急処置を試して、安静にして体力を回復させてください。痛みが少なくなったり腫れが引いたとしても、悪化させないよう歯科医院への受診をおススメいたします。

URL
TBURL
Return Top