応急処置

歯がしみる時の原因と応急処置

歯がしみる時の原因と応急処置

飲物を飲んだときや風邪が当たったとき、歯を磨いているきなどに、歯がしみることがある人、その症状は知覚過敏かもしれません。最初はしみる原因を虫歯かな?と疑う人も多いと思いますが、歯が痛いのではなく歯がしみると感じるときに最も多い症状は知覚過敏です。

知覚過敏の疑いがあるかもしれない症状

  • 冷たい飲食物、温かい飲食物を口に含むと歯がしみる
  • 冷たい風があたると歯がしみる
  • 歯磨きの際に歯ブラシが歯に触れると歯がしみる
  • 歯肉がやせてきて露出している歯が長く見える
  • しみる痛みは飲食後、一時的である
  • 甘いものや酸っぱいものを口に含むと歯がしみる
  • 歯ぎしりを良くする

知覚過敏の仕組み

知覚過敏歯の構造は外側よりエナメル質(セメント質)・象牙質・歯髄(神経)という順に構成されています。
健康な歯は通常エナメル質という硬い層で覆われおり、刺激を加えられても痛みが出ることはありません。そのエナメル質が削れてたり、傷がついたりしてし象牙質が露出することで刺激を直接受けてしまいます。象牙質には細い管の集合体で、歯が刺激を受けることでその細い管の中を刺激を伝達する物質が外部の刺激を神経まで直接伝えることによってしみたり痛みを感じるようになります。

しみるときの応急処置

知覚過敏専用の歯磨き粉を使用する

知覚過敏の症状がでたら歯医者に行って治療してもらうことが最善ですが、深夜であったり、時間を作れない人に対する応急処置をお伝えします。
まずは、知覚過敏からくるしみや痛みに対して効果がある歯磨き粉を使用します。最もポピュラーな歯磨き粉として「シュミテクト」があり症状の緩和の効果が期待できます。歯磨き粉に含まれる硝酸カリウムという成分が露出した象牙質に作用し症状が緩和します。

歯がしみる場合のほとんどが知覚過敏が原因です。上記はあくまでも応急処置ですので、早い段階での歯医者への受診をお薦めいたします。

URL
TBURL
Return Top