歯周病

自分でする場合の歯石除去の方法

自分でする場合の歯石除去の方法

歯のザラザラ感が気になり、自分で取りたいけどなかなか取れないのが歯石。
基本的には歯科医院で取り除いていただくのがベストですが、自分で除去できる種類の歯石もあります。どうしてもという方へ自分で行う際の歯石の除去の手順を書こうと思います。

まずお口の中を健康な状態にする

まず順番としてお口の中を健康な状態にする必要があります。

歯茎が腫れていたり出血がある場合に自分で歯石除去をすると、さらに腫らせてしっまたり歯石を除去しづらい状態にしてしまいます。

除去する2週間程度の間は丁寧に歯を磨き、お口の中の状態を改善させてから歯石を取りましょう。

歯石を取るための道具を準備する

歯石除去器具
スケーラーという鎌型の歯石を取る道具があります。アマゾンなどの通販サイト
で1,000円前後で購入できます。この道具を使って歯石を削り取っていきます。口に入れる前に煮沸やアルコールで十分滅菌してください。

歯石を取り除く方法

用意したスケーラーで、やりやすい前歯から、1本1本歯の周囲や歯間の歯石を歯茎の脇から丁寧にこすりながら剥がしていきます。

一気にすべての歯の歯石を取り除くのではなく、取っては日にちを開けてお口の中の状態を良くするためしっかりと歯を磨きましょう。そして表に出てきた歯石をまた取り除くといったように歯石の除去と歯磨きを繰り返し行っていきます。

それでも完全には取れない

とは言っても、個人でする歯石除去には限界があり。歯茎の奥の方の歯石の取り残しや、歯石除去跡を研磨しておかないと再び歯石が付きやすい歯になっています。やはり、口腔内のケアはプロである歯科衛生士に任せていただくのが安全面や衛生面で安心です。

お口の中が気になる等のお悩みがある場合は、気軽に世田谷豪徳寺のくりはし歯科へご相談ください。

URL
TBURL
Return Top