審美歯科

コーヒーや紅茶で着色された 歯の汚れの予防法とは

コーヒーや紅茶で着色された 歯の汚れの予防法とは

あなたは、自分の歯の黄ばみやくすみなどが気になっているので、この記事にたどり着いたのではないでしょうか?
歯の変色には様々な理由がありますが、今回は歯の色を変えてしまう汚れの1つである「着色よごれ(ステイン)」の予防法について紹介します。

歯の着色よごれ(ステイン)の原因

ステインの原因はコーヒーや紅茶などの飲み物に含まれる色素やタバコのやにで、これらが歯の表面に吸着することで黄ばみやくすみにつながります。

ステインが着きにくくする為にできる事

ステインをできるだけ着かないようにするための予防法として以下のことがあります。

歯磨きをしっかり行う

基本は歯磨きをしっかりすることです。ステインを予防するための歯磨き粉も販売されているので、通常の歯磨きに加えて継続的に行いましょう。
あまり、ゴシゴシと力を入れて歯を磨くと歯の表面に傷ができ、かえってその傷にステインが着きやすくなります。やわらかい歯ブラシで丁寧に磨きましょう。

飲食後に口をすすぐ

コーヒー,紅茶,赤ワインなどの飲み物やカレーや、ケッチャップなどの色素の強い食べ物を口にした後には、水を飲んだり口をすすぎましょう。これだけでもステインの付着の予防になります。

タバコを吸わないようにする

タバコを吸う人は、やにがステインの原因になります。黄ばみやくすみの原因だけでなく口臭、歯周病にもつながるのでお口の中の健康を考えた場合、禁煙が最善の予防法です。

ガムをかむ

口の中が乾燥するとステインが付着しやすくなります。そこでガムをかむことで、唾液の分泌を促し口腔内の洗浄効果がありステインの付着を防止できます。

上記の事をするだけで、かなり歯の着色汚れを防止出来ると思います。歯科医院では口腔内の洗浄とホワイトニングという特殊な薬剤を使って歯を白くする方法があります。くりはし歯科豪徳寺診療所でもホワイトニングを行っていますので、歯の変色でお悩みの方はご相談ください。

URL
TBURL
Return Top